不貞の証明を得て離婚を決意しました

不貞の証明を得て離婚を決意する

男性と女性とでは脳の使い方が異なると聞いたことがあります。それぞれの脳をうまく使えば、より効率的に生活していけるのかもしれません。動物の中には、夫婦で生活するものもあれば、繁殖行為のみで夫婦で生活しないものもいます。人間については、古くから夫婦で生活するようになっています。お互いの得意分野を活かしながら生活するようになっているのだと思います。世界においては、夫婦の関係についてはいくつかあります。一夫一妻制のところもあれば、一夫多妻制、一妻多夫制のところもあります。日本においては、一夫一妻制が長らく取られていますから、結婚をしたのであれば他の異性とお付き合いしたりすることはできません。そのような関係も持てません。

結婚の誓においてもそのようなことを行うのですが、夫が仕事をしている場合、どうしても仕事場に女性などがいます。そうするとお付き合いをするような関係になることもあるようです。ただ話をしたり、食事をしたりぐらいでは問題ありませんが、その先になると問題も出てきます。妻である人が夫の無断外泊、携帯電話を見たりしてその徴候がありそうだとわかりました。話し合いをしたところ、夫はそれを認めようとしません。そこで、不貞を証明して離婚することができないかを法律相談所に聞いてみることにしました。不貞とは、肉体関係がある場合を指し、単に手をつないだり、メールのやり取りをしているだけでは認められるものではないとのことです。

不貞が認められれば、婚姻を継続しがたい重大な事由として、認められる可能性が高くなります。その不貞を証明するのは大変です。特定のホテルなどに二人で入って行ったり、二人で旅行をした時の写真、メールの内容からそれがわかるときにも認められることがあります。自分で証拠を集めることもありますが、興信所などを利用することがあります。こちらにおいて尾行調査などを行ってもらい、決定的な写真を得ることで証明になります。

関連サイト



Copyright(c) 2016 不貞の証明を得て離婚を決意しました All Rights Reserved.